投稿日: 2019/08/30

プラザ形成外科 広尾本院/Plaza PLASTIC SURGERY

《豊胸手術について|豊胸バッグとMRI検査》
豊胸手術をうけてしばらくは調子がよいけど、一部に硬くなったり、スジのような変化を感じるとき、あるいは全身症状がすぐれないとか、豊胸バッグが問題ないかとにかく調べてみたいという場合、一番良いテストはMRI検査となります。
費用は少々かかりますが、バッグの破損、リーク(漏れ)、カプセル拘縮の程度、周辺の異常(乳がん、リンパ腫など)も検知することが可能です。
ただし、身体のどこかに金属の入っている人はできないことがありますので事前のチェックが必要です。入れ墨(タトゥー)の入っている場合もできないことがあります。
アメリカFDAは豊胸手術をした人は3年おきにMRI検査をすることを推奨していますが、現実にはそんなに頻繁にしている方はいないようです。

当院は、日本で唯一のアメリカ形成外科専門医が在籍する美容クリニックです。
アメリカと日本の両方の経験で最適な治療を行います。
豊胸手術、バストのことでお困りの方はご相談ください。
また他院で受けられた治療についてもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

【プラザ形成外科|形成外科・美容外科・美容皮膚科】
▶︎住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
▶︎TEL:03-5475-2345
▶︎院長:クレ カツヒロ・ロバート (アメリカ形成外科専門医)
▶︎最寄駅:広尾駅徒歩2分、恵比寿駅徒歩10分

【Plaza Clinic】 5 Chome-5-1 Hiroo, Shibuya, Tokyo , 150-0012 Japan Phone: 03-5475-2345
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。